One Drop Magazine
One Drop Magazine Title

No.72 檜高芳子さん
No.71 康 晶仁 さん
No.70 池本助夫さん
No.69 池本助夫さん
No.68 清水 浦安
No.67 清水 浦安
No.66 清水浦安
No.65 田中康夫さん
No.64 イステッキ純子さん
No.63 新谷直恵さん
No.62 ジュリアン・シャムルワさん
No.61 岡野弘幹さん
No.60 後藤由美子さん
No.59 山下晃彦さん
No.58 田村愛さん
No.57 黒田ユリ子さん
No.56 清水章代さん
No.54 渡辺 衣泉深(いずみ)さん

21世紀の生き方情報誌「One Drop Magazine」は、ワンドロップに心を合わせた考え方、生き方をしてご活躍されている方々をご紹介しています。
毎月5日発行 全20ページ
1冊 400円 +税 / 年間購読料 4800円 +税 (1か月1冊)

2020年 11月号 No.72
檜高芳子さん
檜高芳子さん

内容紹介

One Drop Magazine 2020年11月号No.72

・今、この時に ― ワンドロップ・インタビュー/清水浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト発起人、Alpha Omega 生命科学総合研究所 所長)
「ワンドロップ・マガジン72号 6周年記念号をお届けします」

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/浦安さんの「トイレ現象」から考えたこと

・天風人語 71/質問者 檜高芳子 さん(ワンズウェイ株式会社取締役、フレグランス南青山代表)
『私は現在、波動調整カウンセリングをメインに活動しております。相談者のお話を伺い、身心魂のレベルで何が起きているかを見て、真心をもって寄り添ってまいりますと、自ずと癒しと進化成長が加速されるのを実感しております。そういった意味で、現在の困難や不運と思われることも、何らかの計らいが感じられ、まさにすべての事象が「全き善」であるように感じます。ただ、ここで引っかかることがあります。例えば、昨今の悲惨な事件や戦争などは、その霊的意味が何かあるに違いないと頭で考えても、被害者の心中を思うと「全き善」には違和感があります。また、古代エジプト神話やインドの聖典では、人間ではなく神々でさえ多くの殺戮をしています。これらの行為にも、肉体をもった3次元では計り知れない霊的な意味があろうかと肉的世界と切り離して捉えようとするのですが、殺戮を正当化してしまう気がして私の中ではしっかりと落とし込めません。絶対積極の精神で自分も周りもワンドロップに目ざめるよう活動していくとき、このような事象を感情や心のレベルでどの様に捉えたらよいのでしょうか。ご教示いただけますと幸いに存じます。』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生答える。

・God Writer 新谷直恵の最近気づいたこと 予感・直観・霊感/初のOne Drop Land Festivalが開催されます

・出世不動明王 よもやま話 第24回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2020年11月号No.72』


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2020年 10月号 No.71
康 晶仁 さん
康 晶仁 さん

内容紹介

One Drop Magazine 2020年10月号No.71

・今、この時に ― ワンドロップ・インタビュー/清水浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト発起人、Alpha Omega 生命科学総合研究所 所長)
「Alpha Omega 生命科学総合研究所が発足しました」

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/誰もがキリスト(救世主)の時代が来た

・天風人語 70/質問者 康 晶仁 さん(調理師・ととのえ師・庭づくり人・便利屋)
『このような機会に恵まれました事、感謝致します。自分に何ができるか?自分は何が得意か?自分がやっている事(仕事に限らず)に対して、周りに認めてくれる人がいるのに、自分はできていないと認められず、その事を受け取れない。そして、自分に対して価値や自信を持てず、自分の存在が人様の役に立っているのかと。そんな事を長い間自問自答してきました。自分のやっている些細な事にも誇りや自信を持って生きるにはどうしたら良いのでしょうか?』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生答える。

・God Writer 新谷直恵の最近気づいたこと 予感・直観・霊感/国常立太神、大いに吠える!

・出世不動明王 よもやま話 第23回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2020年10月号No.71』


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2020年 9月号 No.70
池本助夫さん
池本助夫さん

内容紹介

One Drop Magazine 2020年9月号No.70

・今、この時に ― ワンドロップ・インタビュー/清水浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト発起人)
「新しい地球のこと、教えてください」

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/失敗の中にこそ「本当の答え」はある

・天風人語 69/質問者 池本 助夫 さん②(「積極的に生きる中村天風式心と身体の健康道場」主宰)
『今回、天風先生、清水さん、愛宕さんより、ワンドロップマガジンで質問の機会を頂きました。私は、天風先生のお導きを37年前に頂きました。天風先生の言われている本質的なことがわからず、自分の勝手な判断、相対的な積極で生きてきました。4年前に妻を亡くすことになり、色々な気づきとお導きを頂きました。ただ感謝するばかりです。
 魚は水の中にいて、水を知らないといいます。日本には気という言葉がたくさんあります。天風先生は気についていろいろと書いておられます。私たち人間が空気の中に生活し、生かして頂いていながら、何も解らず生活しています。このことについて先生から教えていただきたく思います。
 天風先生にお聞きします。「心」と「気」って何でしょうか?「心」と「気」の関係性についてご教示ください。私たちは空気のエネルギーに生かされています。わからないことばかりです。中国にも気功・太極拳など気を使う方法があります。日本では合気道などですね。人間は生きることで、いつでも気を出しているようです。どのような気の出し方があるのでしょうか。良い気の出し方、悪い気の出し方が存在するのでしょうか。
私は主催する講演会で、令和元年9月に講演していただいた濱田さんから西野式呼吸法を知りました。西野式呼吸法に通い、学び続けるうちに、色々な疑問が出てきました。天風先生にお聞きしたいのです。 西野式呼吸法では、足芯呼吸で足の裏からイメージと一緒に吸気します。足を通し丹田に入れ、背骨を通し百会に至り、百会から前面を通して丹田に入れ、丹田から足を通して足芯から出すというものです。これにより身体全体を緩めるそうです。この後は対気になります。対気は、気を回す又は練るといいます。
私の疑問にお答えください。気は人に差し上げる(プレゼントする)ことが出来ますか。つまり、私から他者に「気を入れる」ことは出来るのでしょうか。その方法を教えてください。あまり良いこととは言えませんが、逆に他者から「気を盗む」「気を取る」ことも出来るのでしょうか。
気を使いこなすことは、とても大切なように思います。正しい使い方を教えてください。一般的に行われる手のひら療法などもあるようです。また、気導引など、言葉はすごく多く、それだけ大切なのだと思います。これらを一般の人でも使いこなすことができるようにしたいです。』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生答える2回目。

・God Writer 新谷直恵の最近気づいたこと 予感・直観・霊感/死とは、新たな世界への旅立ち

・出世不動明王 よもやま話 第22回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2020年9月号No.70』


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2020年 8月号 No.69
池本助夫さん
池本助夫さん

内容紹介

One Drop Magazine 2020年8月号No.69

・今、この時に ― ワンドロップ・インタビュー/清水浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト発起人)
「ワンドロップに心を合わせるとは、随神(かむながら)で生きること」

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/意志の和が人を覚醒へと誘っている

・天風人語 68/質問者 池本 助夫 さん(「積極的に生きる中村天風式心と身体の健康道場」主宰)
『今回、天風先生、清水さん、愛宕さんより、ワンドロップマガジンで質問の機会を頂きました。私は、天風先生のお導きを37年前に頂きました。天風先生の言われている本質的なことがわからず、自分の勝手な判断、相対的な積極で生きてきました。4年前に妻を亡くすことになり、色々な気づきとお導きを頂きました。ただ感謝するばかりです。
 魚は水の中にいて、水を知らないといいます。日本には気という言葉がたくさんあります。天風先生は気についていろいろと書いておられます。私たち人間が空気の中に生活し、生かして頂いていながら、何も解らず生活しています。このことについて先生から教えていただきたく思います。
 天風先生にお聞きします。「心」と「気」って何でしょうか?「心」と「気」の関係性についてご教示ください。私たちは空気のエネルギーに生かされています。わからないことばかりです。中国にも気功・太極拳など気を使う方法があります。日本では合気道などですね。人間は生きることで、いつでも気を出しているようです。どのような気の出し方があるのでしょうか。良い気の出し方、悪い気の出し方が存在するのでしょうか。
私は主催する講演会で、令和元年9月に講演していただいた濱田さんから西野式呼吸法を知りました。西野式呼吸法に通い、学び続けるうちに、色々な疑問が出てきました。天風先生にお聞きしたいのです。 西野式呼吸法では、足芯呼吸で足の裏からイメージと一緒に吸気します。足を通し丹田に入れ、背骨を通し百会に至り、百会から前面を通して丹田に入れ、丹田から足を通して足芯から出すというものです。これにより身体全体を緩めるそうです。この後は対気になります。対気は、気を回す又は練るといいます。
私の疑問にお答えください。気は人に差し上げる(プレゼントする)ことが出来ますか。つまり、私から他者に「気を入れる」ことは出来るのでしょうか。その方法を教えてください。あまり良いこととは言えませんが、逆に他者から「気を盗む」「気を取る」ことも出来るのでしょうか。
気を使いこなすことは、とても大切なように思います。正しい使い方を教えてください。一般的に行われる手のひら療法などもあるようです。また、気導引など、言葉はすごく多く、それだけ大切なのだと思います。これらを一般の人でも使いこなすことができるようにしたいです。』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生が2回にわたり、答えます。

・God Writer 新谷直恵の最近気づいたこと 予感・直観・霊感/赦しが起きるとき

・出世不動明王 よもやま話 第21回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2020年8月号No.69』


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2020年 7月号 No.68
清水 浦安
清水 浦安

内容紹介

One Drop Magazine 2020年7月号No.68

・今、この時に ― ワンドロップ・インタビュー/清水浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト発起人)
「新型コロナウイルスの時代の意味を紐解く」

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/ワンドロップ的瞑想法とその日常実践について

・天風人語 67/質問者 佐藤 のぶえさん(セラピスト)
『天風先生、こんにちは。今年2月の天風朗唱劇場に質問者役で出演させて頂いて、天風先生の偉大な愛を何度も身近に感じる幸せな日々を過ごさせて頂きました。時折、「天風先生~」と呼ばせていただいていますが届いていますか?自分がリアル質問者になる日が来ると夢にも思ってなかったことでしたので、このような貴重な経験をさせていただけることに驚きと感謝でいっぱいです。 数年前から「人生の目的を果たしてから還りたい!」と思うようになりました。その為にも本当の自分と向き合うことの大切さを感じているにもかかわらず、気づくと日々の生活や目先の予定等、外側の世界に意識や時間を取られている自分がいます。想いと現実のギャップをどのように修正したらよいか、そしてイメージでなく腑に落とすにはどうしたら良いかを天風先生に教えていただけたら幸いです。宜しくお願いいたします。』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生が答えます。

・God Writer 新谷直恵の最近気づいたこと 予感・直観・霊感/想像することは創造すること

・出世不動明王 よもやま話 第20回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2020年7月号No.68』


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから