One Drop Magazine
One Drop Magazine Title

No.114 大原 勇漢さん
No.113 小松 浩明さん
No.112 川上 恵美さん
No.111 太田 かおりさん
No.110 大口 昂佑さん
No.109 齋藤 和子さん
No.108 中町 蒼朔瑚さん
No.107 中町 蒼朔瑚さん
No.106 ダイキさん
No.105 ダイキさん
No.104 冨岡 健一さん
No.103 神尾 麗子さん
No.102 渡邊 生子さん
No.101 渡邊 生子さん
No.100 岡川 みきさん
No.99 岡川 みきさん
No.98 三浦 幸未知 マリオさん
No.97 小林 禅さん
No.96 加藤 せい子さん
No.95 田中 郁子さん
No.94 小松 ともみさん
No.93 稲岡 博さん
No.92 尾崎 靖さん
No.91 加島 敏美さん
No.89 内藤 明子さん
No.88 小林 弘子さん
No.87 長谷川 記子さん
No.86 福永 昌直さん
No.85 山下 晃彦さん
No.84 山下 晃彦さん
No.83 望月 麻矢さん
No.82 鵜飼 佳子さん
No.81 佐藤 尚起さん
No.80 川ヰ 亜哉子さん
No.79 山﨑 直さん
No.78 柳川 鎭国さん
No.77 田中 奈保子さん
No.76 深見 ふわりさん
No.75 飯田 直美さん
No.74 玉田 桐子 さん
No.73 郁美サリンジャーさん
No.72 檜高芳子さん
No.71 康 晶仁 さん
No.70 池本助夫さん
No.69 池本助夫さん
No.68 清水 浦安
No.67 清水 浦安
No.66 清水浦安
No.65 田中康夫さん
No.64 イステッキ純子さん
No.63 新谷直恵さん
No.62 ジュリアン・シャムルワさん
No.61 岡野弘幹さん
No.60 後藤由美子さん
No.59 山下晃彦さん
No.58 田村愛さん
No.57 黒田ユリ子さん
No.56 清水章代さん
No.54 渡辺 衣泉深(いずみ)さん

21世紀の生き方情報誌「One Drop Magazine」は、ワンドロップに心を合わせた考え方、生き方をしてご活躍されている方々をご紹介しています。
毎月5日発行 全16ページ
1冊 400円 +税 / 年間購読料 4800円 +税 (1か月1冊)

2023年 07月号 No.104
冨岡 健一さん
冨岡 健一さん

内容紹介

One Drop Magazine 2023年7月号No.104

・「倭姫命と霊人天風先生、霊人吉田松陰先生 鼎談1」清水 浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 発起人) 、愛宕なみ(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 代表理事)

・天風人語 103/冨岡 健一さん  
『中村天風様。このような質問の機会をいただきありがとうございます。個人のこと、世の中のこと、悩みや自分の無力さを感じる日々です。天風先生は今の日本のことをどう感じていますか?先人の方々が残してくれた大切なものをあっという間に無くしてしまいそうな気がしてなりません。何かできないかと思いながらも、会社員としてのほか、任意団体の役員や、個人的な活動にと、日々追われています。先生の言うよう積極的に、前向きに、と心がけておりますが、まだまだその境地には至ってません。よりパフォーマンスを向上させるために必要なことは何でしょうか?また、何を基準に仕事や人生の選択をしていけばいいのでしょうか?』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生が答える。

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/宇宙の力を借りるには

・サン麻矢の White wings~大空を自由にはばたく白い翼をあなたに/Awe体験があなたの人生を変える

・Vent au visage rend l’homme sage 逆風は人を賢くする!~セーラのダイヤモンド/カーテンの向こう

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2023年7月号No.104


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2023年 06月号 No.103
神尾 麗子さん
神尾 麗子さん

内容紹介

One Drop Magazine 2023年6月号No.103

・「霊人吉田松陰さんに聞く/至誠天に通ず 2」清水 浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 発起人) 、愛宕なみ(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 代表理事)

・天風人語 102/神尾 麗子さん  
『天風先生、いつもいろいろな形でお導きくださって、ありがとうございます。一人娘が今年の春から地方の高校に入学し、寮生活を始めました。私の日常が一変し、どうも調子が狂ってしまいました。娘はこちらから連絡すれば返事はありますが、全く様子がわからないことが心配でなりません。中学時代に辛い思いをして学校に行けない時期があったので余計に心配です。少し早い子離れになり、私が子離れできていないのだなあと実感しております。生活空間が離れていても親ができることは何でしょうか?ワンドロップに心を合わせることがブレまくりの今の私に、どうぞ「喝!」をお願いいたします。』という質問に清水浦安を導管として霊人天風先生が答える。

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/存在の神様に聴いてみる~お金と物との向き合い方

・サン麻矢の White wings~大空を自由にはばたく白い翼をあなたに/仮想現実的・地球の歩き方(究極の攻略法)

・Vent au visage rend l’homme sage 逆風は人を賢くする!~セーラのダイヤモンド/真の国際交流とは

・出世不動明王 よもやま話 第40回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2023年6月号No.103


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2023年 05月号 No.102
渡邊 生子さん
渡邊 生子さん

内容紹介

One Drop Magazine 2023年5月号No.102

・「霊人吉田松陰さんに聞く/至誠天に通ず 1」清水 浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 発起人) 、愛宕なみ(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 代表理事)

・天風人語 101/渡邊 生子さん  渡辺サロン 主宰 ワンドロップ聖歌隊
『私は、物心ついた頃より、宇宙の真理や法則を知りたい!自分が何のために生まれてきたのか知りたい!と願ってきました。「日々努力、日々感謝、念ずれば必ず叶う」と祈ってきた甲斐があり、ご縁あってワンドロップ聖歌隊に導かれて入隊し、天風先生の教えに触れたことにより、私の長年の問いは見事に解決しました!有難うございます。そのおかげで、どちらかというと未来を憂うことが多かったのですが、「今を生きる」ことに少しずつ意識が変わり、ワンネス精神が宿って、だんだんと志や波長が合う人たちが集うようになり、自分自身の魂が随分楽になりました。思考の現実化のスピードも加速化しているように感じます。例えば、「できたら良いなぁ」と考えていた「地球に優しい」事業のお話や出会いが次々に舞い込んでくるようになりました。そして今は、それらの点を繋ぎ合わせていき、将来的に「愛と感謝を分かち合える仲間と一緒に明るく楽しく助け合って過ごせるコミュニティスペース(ユートピア)を築きたい」という夢も生まれてきました。そこで、天風先生は生前既に築かれておられたと思いますが、今そしてこれからの時代に必要なコミュニティ形成或いはユートピア構想について、ぜひご見解をお聞かせ頂けましたら幸いです。』という質問に前回に引き続き清水浦安を導管として霊人天風先生が答える。

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/積極的に他者と喜びを共有しよう

・サン麻矢の White wings~大空を自由にはばたく白い翼をあなたに/この世界は仮想現実⁉

・Vent au visage rend l’homme sage 逆風は人を賢くする!~セーラのダイヤモンド/人は光の存在

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2023年5月号No.102


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2023年 04月号 No.101
渡邊 生子さん
渡邊 生子さん

内容紹介

One Drop Magazine 2023年4月号No.101

・「創刊100号記念特別企画 ジュリアン・シャムルワさんインタビュー/これからは宇宙として生きよう 波動の時代を生きる 2」清水 浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 発起人) 、愛宕なみ(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 代表理事)

・天風人語 100/渡邊 生子さん  渡辺サロン 主宰 ワンドロップ聖歌隊
『私は、カトリック系の幼稚園、小学校で学んだ影響か、物心ついた頃より、「自分は何のために生まれてきたのか」、「自分の使命を一日も早く知って、その役目を果たしたい!」と願い、その使命を果たせる様に、できるだけ多くのことを経験しようとがむしゃらに努力してきました。「楽な道」と「困難な道」の選択があれば、必ず困難な道を選び、「学び」や「魂磨き」と受け止め、何でも引き受けて何事も気力と気合いで乗り切ってきました。しかし、そのせいでつい無意識に頑張り過ぎてしまい、反動でしばしば体を痛めたり、寝込んでしまって、その度に周りに迷惑や心配を掛け、いつも耐えてくれた自分の心身にも感謝と謝罪を繰り返してきました。若い頃は自己犠牲を払ってでも突き進んでいましたが、ふと「自分が幸せでないと、人を幸せにはできない」ことに気づき、それからは自分を大切に、無理をしないように気をつけているものの、やはり悪癖が出てくると、自分で自分を追い込んでしまっています。最近、旧友と十数年ぶりに再会し、お互いの近況を話していると、友人達も状況は違えど、頑張り過ぎていることに気づかず気力で乗り切って、いつの間にか体を壊していた経験を持っている人たちが多いと感じました。積極精神の方向性が違うのでしょうか。経験と共にうまく向き合っていけるようになるのかもしれませんが、頑張り過ぎない目安(ポイント)やどのようにバランスを図れば良いのかご教示頂けると幸いです』という質問に前回に引き続き清水浦安を導管として霊人天風先生が答える。

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/今日は、どんな夢を見る?~積極的イメージで人生を好転させよう

・サン麻矢の White wings~大空を自由にはばたく白い翼をあなたに/WBC侍ジャパン優勝の影に感動のドラマあり

・出世不動明王 よもやま話 第39回

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2023年4月号No.101


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから

2023年 03月号 No.100
岡川 みきさん
岡川 みきさん

内容紹介

One Drop Magazine 2023年3月号No.100

・「創刊100号記念特別企画 ジュリアン・シャムルワさんインタビュー/これからは宇宙として生きよう 波動の時代を生きる 1」清水 浦安(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 発起人) 、愛宕なみ(NPO法人ワンドロップ・プロジェクト 代表理事)

・天風人語 99/岡川みきさん オープンハート・SUN主宰、ワンドロップ聖歌隊
『私は以前より一人一人が魂の望むレベルでやりたいことをやることで世の中が循環していくと感じています。今回の音楽活劇『新・地球にそっくりな不思議な地球』の世界観です。イメージはしているものの私自身が全てやりたいことだけで生きられているかというとそうではないのが現状です。なぜかというと、根底にはお金があるからだと感じています。今の地球はお金が存在していて、お金で買えないものもあるけれど、あったらあったで困ることはなく、欲望を満たすためには手っ取り早い手段だとも感じています。お金をたくさん持っていたり、自ら儲ける人々を凄い人と感じている私もいます。やりたいことをただやらせてもらってワクワクを生きているだけでお金もついてくる。そんな状態が理想です。わたしの好きなことは、歌うこと、体験したことを話したり、聴くこと、映画や舞台などを鑑賞すること、食べること、持ち寄りパーティー、会いたい人に会って話をする、行きたいところに実際行ってみる、直感が来たら行動してみる。そのために自分自身を整えて、直感を大切に目の前にくることに丁寧に向き合うことを心がけていこうと感じています。何がどう展開していくのか決めずに、起こることに乗っていきたいとも思っています。天風さんの見解をお聴きしたいです。よろしくお願いします。』という質問に前回に引き続き清水浦安を導管として霊人天風先生が答える。

・今 恵の 答えは今もあなたの中に/舩井幸雄記念館を訪ねて

・サン麻矢の White wings~大空を自由にはばたく白い翼をあなたに/個人の幸福と世界平和を実現する最もシンプルでパワフルな方法

・Vent au visage rend l’homme sage 逆風は人を賢くする!~セーラのダイヤモンド/ヴァレンタインに手前味噌〈後編〉 微生物の○○○

マガジンを購入 → 『購読のお申し込み

Amazonで見る(電子書籍版) → 『One Drop Magazine 2023年3月号No.100


One Drop Magazine の購読ご希望はこちらから