12/22冬至 『天風朗唱劇場Vol.2 ワンドロップ』終了いたしました

12/22 冬至『天風朗唱劇場Vol.2 和を以て貴しとなす』。
皆様のおかげをもちまして、無事公演を終えることができました。

年末の、そして平日の、そしてまだまだ多くの方が人の集まるところにお出かけになることがはばかられるタイミングでありながら、たくさんのお客様にご来場いただき、また動画配信でご覧いただき、キャスト、スタッフ一同感謝の思いでいっぱいです。

ありがとうございます。

舞台では、日本人にとって、日本人として生まれ、育ち、この宇宙真理である「和を以て貴しとなす」を根底に持ち続けてきた民族にとって当たり前であるこのことが、時代が大きく変わる今、最も大切なことであると再認識するときに来ていると伝えています。
陰が極まり陽に転じ、新しい時代が始まっていく特別な2021年の冬至に皆様と共に再認識する機会をいただきました。

9月1日に劇場が決まりスタートして、週に4回の様々な場所で行われるお稽古を情熱をもって続けた脚本と演出家の山下晃彦さん、ライムライト・キングさん、キャストの皆さん、そして制作チームのメンバーと共に全速力で走りぬいた冬至までの2カ月と3週間でした。


演目の最後に「生命交響曲霊魂(たましい)の歓びの歌」を歌ったワンドロップ聖歌隊は、毎月レッスンを続け、この日使命を果たすために東京、岡山、大阪、名古屋から駆け付けたメンバーです。「新たな世界」をつくっていこうと声高らかに歌ってくれました。

ワンドロップ聖歌隊

衣装だけでなく重要な役柄での出演をこころよくお引き受けいただき、今こそ大切なことを台詞を通して思いを乗せて表現してくださったさとううさぶろうさん。そしてうさとジャパンの皆様。いつのも変わらぬご厚意に感謝しております。ありがとうございます。

また、一人一人がワンドロップに心を合わせて生きることの象徴として、会場の舞台中央に、書画家の小林芙蓉先生の「如意宝珠」を掲げさせていただきました。小林芙蓉先生、大切な作品を気持ちよく貸していただきましたこと、そして後援会の皆様にお届けいただきましたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございます。

演目を支えてくださった楽士の木村俊介さん、稲葉美和さん、スタッフの方々、また広報活動にご協力いただきました皆様さま、見守り続けてくださったキャスト、スタッフのご家族の皆様…たくさんの方々のご協力によってこの公演は出来上がりました。
ありがとうございます。

引き続き、ワンドロップ・プロジェクトは来る2022年も積極一貫で進んでまいります。
今後とも変わらぬご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人ワンドロップ・プロジェクト
愛宕なみ、清水浦安、理事、スタッフ、メンバー一同


キャスト紹介~茂原宏子・山田靖子

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第10弾。

山田耐性菌自然療法研究所 所長の山田靖子ご本人役を演じる(?)山田靖子さんは、菌は人間のウソを見抜き、正直に向き合うべき存在であると、菌と共に生きることが大切と日頃から多くの人たちに伝えていらっしゃいます。そして、茂原宏子さんは昨年の天風朗唱劇場に引き続き2回目の出演を果たし、常にチャレンジする姿がメンバーたちに多大な影響を及ぼしています。


キャスト紹介~藤本央・佐藤のぶえ・ライムライト キング

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第9弾。

物語の中心となる不思議な男・清水浦安を好演する藤本央さんとその清水とコンビを組み絶妙な間合いでワンドロップ・プロジェクトを進めていく愛宕なみを愛宕らしく演じる佐藤のぶえさん。そして、オンラインコミュニティ「One Drop Land」の人気コンテンツ 朗読「霊人中村天風」で絶対積極を貫き通す天風先生を演じ、圧倒的なキャラクターを演じるライムライト・キングさんです。


12/18稽古便り@つつじヶ丘神代団地

12月18日(土)

「天風朗誦劇場 vol.2 和を以て貴しとなす」稽古場から

本番まで後4日
今日は、最後の全員参加の通し稽古です。

朝、稽古場に行く時に道を間違えてたら…なんと真っ白な富士山🗻

コロスの皆んながお稽古2時間前に集まって、最終確認を行いました。
皆んなの熱い言葉が飛びかいます。

稽古場を皆んなで雑巾掛け。

うさぶろうさん、山田先生、純子先生が感謝を込めながら、雑巾掛けをしてくれるなんて、凄すぎます。
床が、ピカピカ光っています。


純子先生のウォーミングアップ。
贅沢なご指導をうさせてもららえて身体がご機嫌になって来ます。
盛りだくさんのお稽古に1日があっという間に過ぎてていきました。

真っ白で綺麗な富士山が当たり前のようにあるのではなく、地球がどんどん汚れてくればと、思うと…。
日々の行いがどんなに大切な事なのかと、この舞台を通して沢山のことを教えて頂きました。

先生方々、キャスト、全ての方々に喜びと感謝をお届けしたいです。

キャスト 山本伸子


12/17稽古便り@アカデミー音羽

12月17日(土曜日)

「天風朗唱劇場 和をもって貴しとなすvol.2」の稽古場から

平日の夜の抜き稽古の最終日。

明日の通し稽古に向けて、今まで稽古を積み上げてきたシーンの最終チェック。

山下先生の緊張感のあるご指導に、稽古場の雰囲気がピーンと張り詰めます。まだまだ進化して行けそう!

藤井さん、aicoさん、赤池さんが激励に駆けつけてくださり、暑い視線で稽古を見守って下さいました。この視線が私達のエネルギー源!美味しいミカンと雅なお煎餅の差入れにも癒されました。沢山の支えに感謝。

先日、いらしてくださった愛宕さんが「皆さんのハッ!とした気付きが宇宙の進化向上を促しているんですよ」と話してくれましたが、躓いては悩み、悩み、悩み、ハッと気づいて前に進む。

稽古はその繰り返し。私たちどれだけ宇宙の進化向上を促したことでしょう!!!

稽古最高!

稽古場を出ると、木枯らしが吹き荒れていました。銀杏や紅葉の葉が舞いながら応援してくれている様様でした。

さ、明日も頑張るぞー!!!

キャスト 柳浦明子


キャスト紹介~飯田直美・上瀬麻紀子 編

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第8弾。

心ひとつのおきどころを表現する重要なエピソードで可憐な少女役を演じる飯田直美さんと世界を変えるような意志の強い少女を演じる上瀬麻紀子さんです。


キャスト紹介~金子邦子・渡辺則子 編

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第7弾。

昨年に引き続き物語全体の流れをつくる重要なコロスとポイントとなる役を担当する金子邦子さんと渡辺則子さんです。


キャスト紹介~萩原右子・上薗由美 編

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第6弾。

前回に引き続き、霊人天風先生に質問を投げかける重要な役どころの萩原右子さんと今回はご自身の雰囲気とは真逆の個性的な役柄に挑戦する上薗由美さんです。


キャスト紹介~遠藤桂子・相馬式子 編

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第5弾。

コロスと物語で重要な役割を担当する遠藤桂子さんと相馬式子さんです。


キャスト紹介~柳浦明子・康 泉 編

本番を前に、キャストの皆さんの抱負や意気込み、思いなどを語ってもらう第4弾。

凛とした気品ある役柄に挑戦する柳浦明子さんと物語全体の流れをつくる重要なコロスを担当する康泉さんです。